ドック入

2008年9月22日(月)

よっこらしょ。
今日は鍵盤/アクションをNさんのレッスン室から引き上げの日。
熱心に練習され、各部の摩耗もそろそろ気になってきたかな。。

しっかり作られたピアノは調整しがいがある。丁寧に作業すると、作った人の気持が伝わってくるので、ピアノを何とかしてやろうと言う気持でなく、
「どうぞ今回もよろしくお願いします」
と、ピアノから技術を学ぼうと言う気持が先行する。
今回は、鍵盤の象牙の修復、各部の滑り、ハンマーの整形加工、そして整調、整音を行わせていただく事になった。

Steinway S without action

鍵盤/アクションがごっそり本体から抜き取られて寂しい顔になったが、一月マスクして風邪引かないようにしていてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です