フォルテピアノ

2007年11月14日(水)

朝早く、車にフォルテピアノを積み込み、洗足音楽大学の学内コンサートに、よいこらしょ。。と向かった。
今年は運搬して調律/立会という依頼が結構あったので、さすがに、躊躇無く二人組でフォルテピアノの運送をしている。

ピアノフォルテと、モダンピアノを使い、両方でアンサンブルがあったが、渋い曲(現代に作曲された曲も夫々にあり)が新鮮で、感動的だった。

Senzoku Maeda Hall Fortepiano

リハーサルで、照明のパワーを落としてはいただいたが、響板にニスの塗っていないフォルテピアノは照明に敏感に反応し、リハーサル後の調律は、運搬してきた直後の調律より大変だった。

良い演奏を聴かせていただき、心は18世紀に旅立つ事ができた貴重な時間が、忙しいさに疲れた心の癒しになった。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です