プラハへ

2009年4月8日(水)

ネットに上手くアクセスできず、日記に2日程時差がでてしまった。。

電車でチェコに入ったとたん、車内アナウンスがドイツ語メインからチェコ語メインになり、プラハ駅を降りタクシーを探したが、チェコの言葉が全くわからない我々は、多分カモなんだと感じるような怪しいオーラをタクシードライバーの客引きに感じた。

なので、タクシーには乗らず、何とかホテルの地下鉄の下車駅を聞き出し、2,000円分だけ両替し、切符を買い地下鉄に乗る。。
いくら、ベヒシュタインの人たちとこの後待ち合わし、バスで移動になると言っても、地球の歩き方くらいは持ってくるんだった。。。と、通貨の呼び方も解らない、ホテルの場所も良く判らない自分のいい加減さに反省しながら駅を降り、3人の歩行者(親切そうなご婦人方)にホテルの場所を聞きながら町を蛇行し漸くホテルに。。

昨日は移動だけで、夜は他の国のディ-ラーとベヒシュタインの人達と食事へ行き、旧市街地の見学。

Prag

旧市街地には、シュトラースブルグを始めて訪問した時に感じた、凝縮された気が静かに漂っているようだった。

カフカは、写真の学校で高校時代を過ごしたと説明を受け、全くチェコの事を知らない自分に気付いた。ベヒシュタイン・ヨーロッパの工場は、ゼイフェナースドルフ(ザクセン州の工場)とさほど遠くない、チェコで本格的に稼働し始めたようだ。

Franz Kafka/Prag

いかん、チェコの文化を知っておかないと。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です