低音巻線作り

2007年2月15日(木)

Umsponnen Saite fuer CB L

研修生のKAさんに教えてあげながら、今日は、今修理しているベヒシュタインの低音巻線を製作した。

ピアノの低音弦は、鉄の芯線の上に銅線を巻き重量を重くし、低音の音が力強く響くよう、張力を強くする設計がしてある。
量産のピアノは、手で低音巻線は製作してなく機械で巻いているが、手作りピアノは、低音巻線も手で作る。
手で作った物は、調律のしやすさという概念では機械巻きに劣るが、音色の多さ、伸びは、確実に手巻きの方が良い。だから、調律は面白い。

ファジーであれば良い物ではないが、ちょうど良い頃合いがある。
銅線もドイツから仕入れた物を使っているが、国内の銅線で作った巻線と比較すると本当に音が違うのもお面白い

何とか今日中に仕上げないと、そろそろ塗りに出した鉄骨が仕上がって来るからやってしまおう。。という事で、やりきった。

並行して他の仕事もしていたからちょっと疲れたかな。眠い。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です