即興演奏

2008年9月17日(水)

素敵な音楽を奏でるジャズピアニストの石井彰さんとの出会いを会社の営業のKKさんに作ってもらって以来、数回ご自宅に調律に伺っている。
ジャズの場合、演奏の多くは即興で演奏されていると思うが、どういう頭の構造になっているのか。。。羨ましいかぎりだ。

即興演奏をされる方は、響き、音に対するカンが鋭い。聴衆の呼吸、会場の雰囲気や、楽器の響きの感じも鋭く受け止めながら演奏をされていると思う。
ジャズの人はクラッシックと違いピアノにうるさくない。と言うのは僕の経験では全く違っていて、即興演奏だからこそ演奏表現へのピアノの響きの影響は大きいのだろう。

Bechstein 7 with Mr. Akira Ishii

仕事のあと、ピアノの響きの感じを喋って下さると、音楽の創作に参加させていただいた感謝の気持で一杯になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です