翻訳

2006年12月30日(土)

ベヒシュタインのホームページの和訳の期限が迫っていると、Bechsteinから昨晩メールが入り、会社の英語が得意なKTさんに訳してもらった原稿
のチェックを、そして、クリスマスが終わったからか、今日はPleyelからもメールが入っていて、すっかり家で仕事日になったしまった。もう彼らは仕
事モードなんだろうか、こっちは漸く休みになったのに。

ベヒシュタインは、英語のページとドイツ語と若干ニュアンスが違い、KTさんは英語からの翻訳、自分はドイツ語を見ながらの確認なので、日本語を読みな
がら、あれ?っと思って英文を読むと翻訳がその通りで、どうしたものかと迷いながらのチェックになったので、思ったより進まなかった。。
専門用語が比較的多いので、こちらに頼んできているんだろうが、明日にでも(紅白歌合戦が始まる前に)さっさとやっつけてしまいたい。

ユーロピアノ誌の目次訳は後回しになってしまった。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です