音色で描く

2008年12月2日(火)

内藤晃さんの音楽は知的で整然とした美しさがある。

杉並公会堂コンサート、東大和ハミングホールでのレコーディングで仕事をご一緒させていただいたが、意図的に描かれる響きの積層と揺らめきにはいつも驚かされる。

Akira Naito in Tsuda Hall

今回の津田ホールでのライブ録音も例外ではなく、オケのように響きが描かれる音の紋様は、反響板の裏の袖でも明確に捕える事ができ、エキサイティングな時間をプレゼントして下さった。

CDは来年春発売予定とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です