フランクフルトメッセ

2009年4月5日(日)

今年のフランクフルトメッセは、出展料についてドイツピアノメーカーとメッセ側と合意を得る事ができず、殆どのヨーロッパのピアノメーカーがボイコットしてしまった。なので、メッセ会場でのピアノに関する新しい情報収集は殆ど得られなかったと言っても過言ではなかった。。

昨日ベヒシュタインとは、元々の話のよう、フランクフルトのベヒシュタインセンターで打合せがあった。又、ザウターさんともホテルロビーで会い会話をする事になった。

この不況の影響もあるかもしれないが、自分の知っている過去20年のメッセでは最もつまらない状態だった。世界中から人が集まるフランクフルトメッセだけに、ここがボトムであるよう、対策を立ててもらいたいものだ。

中にはこういうピアノをディスプレイする中国メーカーもあった

FFM2009
明日はプラハへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です