1863年から1929年にかけて作られたVモデルは、 現在のBモデルに引き継がれている200センチの楽器 となります。 脚が6本ということも目を引きますが、ボディの象嵌細工も 今ではなかなかここまでの仕事はできないでしょう。

この時代のベヒシュタインが持つ繊細な表現がより 可能な楽器です。


オリジナルのハンマーがそのまま残っています。


アブストラクトアクションも現在のピアノとは異なりオリジナルのままです。
この機構は、ピアニストの方から「指への吸い付きがよく、コントロールしやすい」と高い評価を得ています。


古いベヒシュタインはシングルスプリングというイメージがありますが、当時は、エラールタイプのヘルツ・スプリングを採用していました。


アクションは、フランスのヘアブルガーシュワンダー社製で、当時の最先端品です。


リボン模様の象嵌細工に360度ぐるりと囲まれています。


鍵盤蓋のロゴも真鍮ではなく、象嵌細工です。

ベヒシュタインに最高の賛辞を送ったドビュッシー存命の時代に製造されたピアノです。当時の時代のエッセンスをそのまま現代に伝える大使のような個体と言えます。鍵盤に指を置いたピアニストを当時に誘ってくれます。

価格
8,250,000円(税込)
状態
中古 /  展示中
展示場所

八王子技術・営業センター

鍵盤
88 象牙/黒檀
交換済み(低音部及び高音部)
ペダル
2本