中古 ベヒシュタイン M 修理記録 ~2~

2016年6月7日(火)

ハンマーを選び、穴をあける前の状態です。右上にいくつかあるのは「あまり」です。88本ぴったりではなく、何か問題があった時などに交換できるように90数本くらいが1セットになっています。(ハンマーウッドの幅が太いものは数が減ってきますが)

このハンマーはアンダーフェルトのないタイプです。(どういう音を出すかメーカー、モデルの考えでフェルトの硬さ、形が違ってきます)

Exif_JPEG_PICTURE

象牙鍵盤は漂白が終わりました。過酸化水素水を薄く塗って陰干します。象牙の表面には導管がたくさんあいており、そこに汗や脂がしみ込み、表面はサラサラしていますが、それらが後に黄ばんできます。しかし漂白もやり過ぎると象牙がはがれたり、場合によっては割れの原因となりますので、程度の見極めをする必要があります。

Exif_JPEG_PICTURE

 

お問い合わせは、八王子技術営業センター:042-642-1040まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です