一台一台が、手作りの傑作品。まさに最高級、トップクラス、至高のピアノ。C.BECHSTEINマイスター・ピース。
1986年、美しいピアノの音色を現代に継承することを使命と信じる、ピアノ製造マイスターでもあるカール・シュルツェが伝統に軸足を置きつつ未来へと進んでいく、べヒシュタインの長い旅が再スタートしました。
べヒシュタインの美しい響きに加え、力強さと素早い音の立ち上がりを併せ持ったマイスター・ピースの研究開発は、20年におよびました。
伝説のべヒシュタインの響きを現代によみがえらせるという試み、スポーツでいうところのF1、つまり誰もが納得する品質と強さを求めた試みは成功しました。
情熱を持った最高の専門家たちが知恵を絞り出し、べヒシュタインの秘密ともいえる、最高級の素材を組み合せた絶妙なテンションバランス構造を生み出したのです。