W.Hoffmannの世界へようこそ!

音楽の本場ヨーロッパの音色をお届けします! W.Hoffmann(ホフマン)のアップライトピアノ、グランドピアノグランドは、ヨーロッパを代表するピアノメーカーであるベヒシュタインの子会社、ベヒシュタイン・ヨーロッパで製造されています。ベヒシュタイン・ヨーロッパは、チェコ共和国のフラデツ・クラーロヴェーにあります。独語でケーニヒグレーツ(『王の城』の意)と呼ばれるこの地は、その名のとおり多くの歴史的建造物が残っており、伝統的に楽器製造業でも有名です。 このベヒシュタイン・ヨーロッパでは、研鑚を積み高い技術を習得したピアノ職人とピアノ製造マイスターによる最強の職人集団が、高品質の材料を使いヨーロッパの音楽文化を詰め込んだW.Hoffmannのピアノを製造しています。耳の肥えたお客様や、一流の指をお持ちのお客様からも絶対の信頼を誇るピアノです。そして、中級から上級者、プロの方にも自信を持ってお届けできるピアノです。

ベヒシュタイン・ヨーロッパ

W.Hoffmannのピアノは、ベヒシュタイン・ヨーロッパで製造されており、ピアノの細部にまでドイツのピアノ製造技術と愛情が詰め込まれています。ベヒシュタイン・ヨーロッパの職人達は、音楽文化を継承することの重み、そして、理想の音楽パートナーを探している子どもから大人までの音楽家達に対する責任を日々噛みしめています。

「至福の趣味の時間」

最初の一音できっと分かるはずです。心地よい音を発する喜びと開放感が、あなたに永遠の幸せをもたらします。その最初に抱いた感覚、最初のタッチ感というのは不変のものです。あなたが感じた色彩やかで心地良いハーモニー、それがヨーロッパの音色です。あなた自身はもちろん、もしお子様がいらっしゃる方は、お嬢様、息子様にもぜひその喜びを味わってください。 ピアノに向かい椅子に腰をおろす時、それは、お子様の想像力が育まれようとする時間です。ピアノは、誰も入りこむことの出来ない心の隠れ家、心のよりどころです。ピアノに触れるのは早ければ早いほど良いといいます。しかし、だからと言って始めるのに遅すぎることはありません。 物質主義のこの世の中で、自分だけの価値あるものを創造しようではありませんか。学校でくたくたになった一日のおわりに、仕事で一生懸命働いた後に、ピアノを弾いて穏やかな心と明日への活力を手に入れましょう。 演奏とは自由なことです。新しい弾き方を試したり、自分なりの表現を加えてみたり、感情を音に乗せてみたり。集中して練習するうちに、心が新鮮になり、簡単にいかないようなことにも挑戦してみようという意欲が沸いてきます。

「はじめてみませんか」

ピアノを弾ける人は実に魅力的です。ちょっと前置きを話してさりげなくポップソングを演奏し出したら、とたんに仲間が集まってくるに違いありません。そのあとバッハやベートベンを弾き始めたら、もはや嫉妬の対象となるでしょう。たまには主役気分を味わってみませんか? ふたりとも、一緒に音楽することを楽しんでいるようです。自分のさらなる可能性を発見していく喜びはどんどん膨らみ、新しい曲に出会うと志はさらに高まります。もちろん、良い音を奏でるには粘り強い練習が必要です。でも同時に、それは人生へのご褒美でもあるのです。

チャレンジ

ピアノを弾くことは良いことばかりです。集中力を高め、心身のバランスを整える力を養います。ピアノを練習することで養われる根気強さや粘り強さは、パソコンや機械を扱う仕事のうえでもきっと発揮されるでしょう。そういった力が育まれることを感じながら、どうぞ心ゆくまで演奏してください。 ピアノはまさに楽器の王様です!ピアノの為に書かれた音楽は沢山有り、すべてのジャンルにおいて実に多くのピアノ曲が存在します。たまには既存の曲にとらわれず、即興演奏をしてみるのも良いかもしれません。きまりはないのですから、まずはやってみましょう!

音楽の祖国、チェコ 発祥の音楽 W.Hoffmannのピアノにはこの国の音楽性が詰まっている

フラデツ・クラーロヴェーは、東ボヘミア地方の中心都市で、エルベ川とオルリツェ川の合流点に位置しています。1225年に王国都市となり、1866年の普墺戦争のケーニヒグレーツの戦いはこのフラデツ・クラーロヴェー近郊で起こりました。戦後この地には多くの現代建築、ゲントシュティール様式の建物が建てられ、「共和国のサロン」として知られるようになりました。 チェコ、そこは真の音楽大国です。この国では子供は母乳と音楽を吸って育ちます。その証に、この地から偉大なヨーロッパ音楽が生み出されてきました。フリードリヒ・スメタナの「我が祖国」を知らない人はいないでしょう。人の心から生まれて人の心に届く、それが音楽の本質です。世界的に有名な作曲家、例えばアントニン・ドヴォルザーク、レオシュ・ヤナーチェク、ボフスラフ・マルティヌーも、本物の音楽を聴いて育ち、小高い丘、さらさらと流れる小川が絵画のように美しいこの祖国で、生き生きと育ちました。 フラデツ・クラーロヴェーに足を踏み入れると、まるで平穏な世界へタイムスリップしたかのような光景が広がります。生活は穏やかで、歴史が根付いており、音楽をすることが日常の一部となっています。この地で自然にはぐくまれた音への理解が、良いピアノが生みだす源になっているのです。音楽の言葉を身に着けたピアノ職人は、心から関心するピアノを造り出します。 細部にわたるクオリティーの高さは、全部を理解したその人たちの心から生まれるものであり、彼らの貢献は非常に重要なのです。 受け継がれるピアノ製造の遺伝子は、第三者が真似をしたり奪い取ったりできるものではありません。この遺伝子は、育つか、消えて無くなるかのどちらかです。フラデツ・クラーロヴェーに拠点を置くベヒシュタイン・ヨーロッパでは、ドイツとチェコ両国のピアノ職人が結集し、この遺伝子を継承する重みを日々噛みしめています。 こうして造られるW.Hoffmannのピアノは、歌うような、人間的な温かい音色を放ちます。ぜひ一度耳を傾けてください。その音は、きっとあなたの心を揺り動かすでしょう。

W.Hoffmannの軌跡 ― 過去と未来

W.Hoffmannは、ヨーロッパで製造され、世界中に輸出される数少ないピアノブランドの一つです。誕生から現在に至る成長の軌跡は、ライバルメーカーの注目を集めてきました。 W.Hoffmannは1904年ベルリンでヴィルヘルミ・ソフィア・フリードリッヒ・ホフマンの手によって誕生しました。ちょうどピアノが人々の生活に定着し始めたこの頃、100以上のピアノメーカーが次々に設立されました。ピアノ製造の全盛期の到来です。それから100年以上、W.Hoffmannはヨーロッパで成功を収め続けることになります。 W.Hoffmannの誕生後、東西分裂したベルリンから熟練のピアノ職人はほとんど姿を消しました。そこで、1950年に製造拠点をフランク地方中部へ移しました。ラングラウ(地名)に構えた42,000平米もの広大な工場に160人のピアノ職人を集め、最高の材料と高度な製造ノウハウを駆使してこの高尚なW.Hoffmannの製造に取り組みました。 ピアノ製造の全盛期からこんにちまで、数多くのメーカーが破たんしたり、アジアの企業に買収されました。しかしW.Hoffmannは歴史的な市場の混乱期においても、いつも幸運の星の元にありました。そして1991年、トップピアノメーカーから工場を継承ました。 C.Bechstein Berlin. 1992年、ベヒシュタインの製造拠点はベルリンからザイフェナースドルフに移りました。 以後、グローバルな競争のなかで強さを増し、着々と進化を遂げ、2008年C.Bechsteinはチェコのフラデツ・クラーロヴェーに子会社のベヒシュタイン・ヨーロッパを設立しました。 フラデツ・クラーロヴェーに拠点を移したW.Hoffmannで、ドイツの牽引力とチェコの専門技術力が一つになり、世界トップ技術のチームが誕生しました。こんにちまで独自の歴史をたどり、多額の投資も注がれながら、目を見張るほどすばらしい技術を発揮してきました。この製造拠点は、定期的に工場ツアーをおこなっており、一般の方でも気軽に見学することができます。

ヨーロッパ伝統の手工業

チェコにあるとても美しい大学町、フラデツ・クラーロヴェーで、160人の専門家があつまった誇り高き職人チームが、W.Hoffmannを製造しています。当社はこれからも成長し続けます!ピアノ製造と音楽はこの地で長い歴史を共有してきました。著名な指揮者アントニン・ドヴォルザーク、レオシュ・ヤナーチェク、ボフスラフ・マルティヌーやフリードリヒ・スメタナも、皆この地で生まれました。

ベヒシュタイン・ヨーロッパ

最高品質のノウハウ、卓越した手工業芸術、そして響きの芸術に対する成熟した感覚。 伝統という言葉がふさわしい存在。160人の専門家がW.Hoffmannの製造に従事しています。ここに入ると、夫々の誇りに裏付けられた確かな作業の存在を感じます。 ハイエンドシリーズC.Bechsteinマイスター・ピース、Bechstreinプレミアムシリーズを製造する親会社、ドイツC.Bechsteinの傘下にいる事は、ここチェコの地では重要な意味があります。W.Hoffmann プロフェッショナル並びにW.Hoffmann トラディションの両シリーズはここで全て製造され、中級クラスへの入門用として位置づけられるW.Hoffmannビジョンは、世界の気候環境に順応できるようここで仕上げられます。 最高クラスの製造ノウハウを共に フラデツ・クラーロヴェーのドイツとチェコの共同マネージメントチームは、全てのピアノを開発するベヒシュタインのR&B(研究開発室)の強力な支援、例えば資材の調達や選定、作業工程や方法の決定に至る様々なノウハウの提供を受けています。近年行なわれた数百万ユーロの大きな投資により、工場の生産能力は飛躍的に向上しました。

黄金の手を持つ響板製作職人

響板製作に楽器製造の心臓部がある。責任ある小さな人物像に、工場の伝統の一部が感じられる。 マーチン・ファイサーは音響部分の中心に位置する響板製作に従事する重要な専門職人です。彼は、アップライトとグランドピアノ両方の響板製作に従事しています。彼の目標としている所は、理想的な共鳴能力を、板そのものの持つ能力から引出す事です。そして、その理想こそがベヒシュタイン・サウンドボード・システムに繋がります。 響板は、その振動能力が楽器そのものの音質に多大な影響を与える事から、楽器の心臓と呼ばれます。 緊張と安定の重要性を担う響棒と、弦振動を響板に伝達する長駒を、マーチン・ファイサーは入念に乾燥させた響板に接着します。引続き、リムとの響板の接着作業をこなします。響棒は響板の緊張を安定させ、響板の木目と直角方向への振動伝播を担います。特別に計算された響棒の配列が、響板振動の性格を本質的に決定つけます。 しかし、手工業的に緻密な加工が全てを決定付けるわけではありません。W.Hoffmannのトラディション並びにプロフェッショナルでは、響棒が接着された響板のクラウンの形状変化を常にコントロールし、鉄骨を取付ける理想的なタイミングを計ります。この作業には、必要とされる全ての寸法のデーターを完璧なタイミングで測定し、入念に記録する事が要求されます。ベヒシュタイン・ヨーロッパでは、このように負荷のかかる作業にまで職人達は従事しています。 「自分は、世界中で品質と伝統が評価される会社で仕事をする事に誇りを持ちます。C.Bechsteinの子会社としてのベヒシュタイン・ヨーロッパの成果は、自分にとってとても重要な事で、常に意識しています。ベヒシュタイン・ヨーロッパが手に入れる良い素材があり、だからこそ得られる結果がある、という事実も自分には重要な事です。自分は生涯継続したいし、中途半端な事は自分にとって意味をなしません。 全力投球している趣味はタイ式ボクシングです。これは、自分自身との戦い、そして、些細なミスの報いを受けてしまう、と言う意味で妥協が許されないスポーツです。タイ式ボクシングは肉体のトレーニングのみならず精神の鍛錬が要求されます。この鍛錬が仕事にも活かされています。」

鉄に心を与える金属加工職人

最高の腕前とは彼の事。ジリ・ベチッカは、スポーツを通じて鉄骨加工という彼の責任有る仕事のエネルギーを得ています。工場開放日に、彼の作業を肩越しに見る事ができます。彼の生き生きとした専門能力は、高級なピアノを造るために最も価値ある要素です。 鼠鋳鉄の鉄骨は巨大な張力を支えつつ力の作用の支点になります。 ジリ・ベチッカは高級な鼠鋳鉄の鋳造行程から造られる鉄骨の加工に従事しています。先ず彼は、ヒッチピンという弦のかかる部分を鉄骨に打ち込み、次に完璧に均等にアグラフを植えます。そして、様々なフェルトを鉄骨に貼ります。ジリ・ベチッカは響板がリムに張り込まれた後に行なわれる“鉄骨合わせ”の責任者です。理想的な弦の駒への圧力があってこそ、鍵盤タッチから生じる弦振動の響板への効果的なエネルギー伝播を保証する事ができます。 ジリ・ベチッカは、ピアノ製造の本質的な要素のために特別任命された専門家です:完全に調和する支柱・駒・鉄骨・響板・弦の接合こそが、豊かなサウンドクオリティーを支えます。W.Hoffmannの音の繊細さには、同時に、伸び・抜け・強さがあります。 「この仕事の自分が最も気に入っている所は、若い頃から培った全ての自分の持つ知識を活かす事ができる事です。ベヒシュタイン・ヨーロッパに入ってからは、自分の手作業の能力を新たで、且つ理想的な条件の影響を受け、深く掘り下げる事ができました。自分の趣味においても己に負荷を好んでかけます。夏は自転車やボートを、冬はスキーをするか別荘のリフォームをします。」

説得力ある響き

美し響きは、多くの複合要素を的確に組み合せる事によってのみ得られます。 ベヒシュタイン・ヨーロッパの整音技師はそのように説明します。 グランドとアップライト双方のチーフ整音技師 マルチェル・ノバークは一つ趣味を持っています。それは、ピアノ演奏です!彼にとって職業とは、プライベートの情熱を掘り下げる物なのです。これは、彼にとっても会社にとっても幸運な事です! 「このような名高い会社に関わる事ができる事は、自分にとってとても嬉しい事です。自分は特に、夫々の楽器が持つ理想的な響きのボリュームを引出す事への挑戦が好きです。整音作業で自分はピアノに魂を与えます。それには共感能力と、響きに対する明確なイメージ、同様に確実な作業技能に対する知識、判断力が要求されます。」 ハンマーヘッドのフェルトのテンションを、整音針の工具を使用し、理想的な弾力性を待たせるために様々なメソッドで変化させる事が基本的な整音の作業になります。どれだけの抑揚の階段を一つの音の中に作る事ができるかの本質的な部分は、整音技師の能力、すなわちハンマーヘッドフェルトに要求される反応を理解でき、変化を与える事ができるか、という技術力にかかっています。 ベヒシュタイン・ヨーロッパの工場を流れる夫々のピアノは、下整音、仕上げ整音、最終仕上げという順に作業されます。“響きの絵“トータルの絶対的なバランス感と最終整音の完璧な整音に達するには、加工作業過程を安定させるため、ハンマーヘッドフェルトに、一定の間を置く必要があります。間を取る事が品質の大きな要素になります。 「お客様が私たちのピアノに触れた瞬間、高級感がある!という確かな手応えを感じられる事が自分にとって重要な事です。作業で私たちの全ての心の血液を与えるのです。 自分の工具の一つに整音ピッカーがあります。夫々のハンマーヘッド一つずつに、発音された音が全体に適合し、色彩が合い、響きの絵に解け合うまで自分自ら手入れを続けます。 旋律的に非の打ち所の無い声が聴こえる前に、整音キャビンからピアノを出してしまう事は決してありません。美しい響きそのものが私の最後の仕事への酬いです。 音楽は私の人生の一部です。子供の頃からギターを弾いていますが、ある日ピアノの響きに恋をしてしまいました。ピアノ演奏が今日の趣味になった理由です。」 マルチェル・ノバークの職務は、全くの手作業で、時間を要し、個々のピアノに対し行なう事です。この知識の継承は、品質を維持していく上でとても重要な事です。故にノバークは整音の研修の責任者も務め、又、製造プレセスの初期段階の整音にも立ち会います。彼は、夫々のピアノが最適条件に達したか、に尽力します。最終仕上げに於いて、全てのピアノは一台ずつ厳しく検査されます。これも彼に与えられた職務です。 フラテツ・クラーロヴェーのベヒシュタイン・ヨーロッパ工場には素晴らしい長所があります:リーダーグループはドイツ ベヒシュタインの経験豊かな製造責任者とチェコの有能な熟達者の、上手く機能した混合チームです。 フラテツ・クラーロヴェーは短い期間で、ドイツ ベヒシュタインのザクセンの製造水準に到達しました。チェコに於ける加工にも精密な基礎加工の為に近代的なCNC(コンピューター数値制御)技術が導入されました。このように高い品質保持と、持続する響きの個性を確かなものにしています。ここに、個別の手作業が加えられるわけです。音楽的な性格を与える Made by Europeans!

翼の職人(ドイツ語ではグランドピアノをその形状からFlügel=翼と言います) グランドピアノ。出荷される前、彼は厳しい検査を施します。隅々にいたる迄妥協を許しません。

辛抱、精密、慎重さは、W.Hoffmannのグランドピアノ製造に於いても美徳にされます。ペーター・コスタルはそのすべてを知っています。絶対的な品質で工場を出荷する、と彼は念を押します。翼(グランドピアノ)は彼の領分ですから! ペーター・コスタルは最終調整の専門家です。勿論、彼は専門訓練を受けたピアノ製造職人です。ベヒシュタイン・ヨーロッパで、彼はグランドピアノの技術管理と検査を、最終仕上げの行程で行なっています。ここで、細部にいたる迄見逃しません。本当に完成し精錬したグランドピアノのみ工場から出荷する事ができる、と彼は念を押します。彼は、外装、全てのケースの組立と機能、アクション部の整調の完全な仕上げに至るまで、まるであら探しをするように検査します:音の最終仕上げの準備をするために、一度完成した楽器を、もう一度再調整し検査する事により、全ての辻褄を合わせなければなりません。ベヒシュタイン・ヨーロッパにとって、夫々の詳細までを検査する多くの能力を備えるペーター・コスタルのような人材は、高い価値があります。 多くの責任が要求される彼の職務とまさに同じものが彼の趣味です:彼は飛行機を組立てます!「世界中に名の通ったブランドの仕事ができる事を誇りに思います。今日では、これだけ成功したピアノを手工業製造する事は、ヨーロッパでは容易な事ではありません。健康で家族に恵まれ、プライベートでも充実した生活を送ることは満足いく仕事をする為にも重要な事です。 私の強みは忍耐、慎重さそして緻密さです。そしてまさにその特長を、自分の仕事に活かす事ができます。私の趣味は超軽量小型飛行機の製作です。私は一から組み立て、自らの責任で忍耐と精密さで完成させます。これで飛ぶ事は、充実感と至福の感覚があります。この写真を撮ったときは写真家に舵を委ねました。」とペーター・コスタルは笑って言いました。 私たちのお気に入りの写真家、デニス・セイランもスタントパイロットです。彼は多大な信頼を他人が彼に寄せる事に大きな喜びを感じ、とてもかっこ良く飛行場の上を旋回した。ベヒシュタイン・ヨーロッパの素敵な一団です。