June 2019
M T W T F S S
« May   Jul »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2019年5月26日(日)
コンサートイベント

Charity Concert for animal  元呑千香子

Charity Piano Concert
2019年5月26日(日) 16:15開演 (16:00開場)
日仏会館 1F ホール
入場料¥3,000

演奏者:元呑千香子
    安田章子(賛助)

MC: 田辺アンニイ、にゃん太

2019年4月27日(土)
コンサートイベント

The Spring Joint Recital  イヴ・アンリ教授を客演に迎えて
@Salon Classic 芦屋

パリ国立高等音楽院イヴ・アンリ教授(ピアノ)を迎えて

2019年4月27日(土)
開演17:00(開場16:30)
Salon Classic(芦屋市東芦屋町3-9)
チケット3,000円

出演
イヴ・アンリ教授(客演)
北岸恵子、森重ひろ子、児玉靖代(ピアノ)、山田美和(サックス)、森脇貴幸(ピアノ)、栗田麻子(ピアノ)、江崎皓介(ピアノ)


2019年4月26日(金)
コンサートイベント

The Spring Joint Recital  客演イヴ・アンリ教授を迎えて
Salon Classic 芦屋

パリ国立高等音楽院イヴ・アンリ教授(ピアノ)を迎えて

2019年4月26日(金)
開演17:00(開場16:30)
Salon Classic(芦屋市東芦屋町3-9)
チケット3,000円

出演
イヴ・アンリ教授(客演)
北岸恵子、森重ひろ子、児玉靖代(ピアノ)、山田美和(サックス)、森脇貴幸(ピアノ)、栗田麻子(ピアノ)、江崎皓介(ピアノ)


2019年3月24日(日)
レッスンイベント

第九 ~開館、22年の歳月を超えて~

小出郷文化会館と第九

平成8年6月9日。小出郷文化会館はベートーヴェンの第九で幕を開けました。指揮は東京芸術大学の大町陽一郎先生、オーケストラは新交響楽団。合唱団は地域の住民総勢350 名。
あれから22 年。平成最後の年に再び第九のコンサートを行います。
今回の第九は2台のピアノで演奏されます。小出郷のピアノといえば、ベヒシュタインとスタインウェイですが、リストもベヒシュタインを愛用していました。

リストとベートーヴェンの音楽的な深い関係には常に驚かされます。リストはベートーヴェンに対し特別な意識を抱いていました。そんな中書かれた2台ピアノ編曲版の第九をどれほどの人が知っているでしょうか?
ベートーヴェンの中でも最も偉大な作品群である交響曲の世界をピアノ版に編曲する意味はあまりにも大きい。リストはその全曲をピアノ用に編曲しました。ですが、第9番だけはどうしてもピアノ1台では網羅できなかったのです。第九と言えば合唱付きですが、リストは合唱も含め全てをピアノ2台で表現しようと試みました。
一生に一度聴けるか聴けないかのリスト編曲版『第九』全楽章を存分にお楽しみください。

2019年3月24日(日)
コンサートイベント

銘器ベヒシュタインで聴く西洋音楽の調べ‼
越智 聖デビュー30周年記念リサイタル!

越智 聖コンサート2019
3/24(日)
PM 13:30開場
PM 14:00開演

ケーキセット付 2000円

かいじコンツェルトハウス
〒406-0004 山梨県笛吹市春日居町小松1173
Tel.0553-26-5343

2019年3月17日(日)
コンサートイベント

ベヒシュタイン サロン コンサート Vol.1

アマチュアの為のピアノ演奏会。趣味でピアノを楽しむ方なら年齢、ピアノ歴、演奏ジャンルを問わずどなたでもご参加いただけます。ここで出会う新しい仲間と一緒に、ベヒシュタインを弾いて楽しく語り合いましょう。

2019年3月16日(土)
コンサートイベント

内藤晃 ピアノソロ 「ショパンの心のポーランド」

ショパンが終生書き続けたポーランドのダンス音楽(マズルカやポロネーズ)に、
彼の「ジャル」(ポーランド語で、「厳粛な諦観」「悲しい畏敬の念」「謙譲な悔悟の気持」を表す)を味わいます。

2019年3月2日(土)
コンサートイベント

堤剛&萩原麻未 デュオ・リサイタル

日本チェロ界の重鎮、堤剛(つつみ・つよし)さんと、2010年のジュネーヴ国際コンクール(ピアノ部門)で日本人初の優勝に輝いた、現在最も注目される若手ピアニストのひとり、萩原麻未(はぎわら・まみ)さんの、世代を超えたデュオが注目されています。
 堤さんが「新しい自分、新しい表現を発見できる相手」として、演奏の色彩感や間のセンスを高く評価し、共演を熱望したという萩原さん。圧倒的なテクニックで生き生きと奏でられるピアノと、巨匠の重厚なチェロが情感豊かに共鳴します。
 今回は、堤さんが国際的な作曲家・酒井健治さんに委嘱し、2018年に世界初演をおこなったチェロ独奏曲(J.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲」第5番のサラバンドをモチーフとした変奏曲)が披露されるほか、ラフマニノフのチェロ・ソナタでは、初演で作曲者が自ら演奏した充実のピアノパートも聴きどころ。高度な技術と卓越した音楽性のみが表現し得る濃密なロマンティシズムは必聴です。
 各地で絶賛されているお二人の息の合ったアンサンブルを、早春の大原美術館で心ゆくまでお楽しみ下さい。

2019年2月17日(日)
コンサートイベント

カンマームジークコンサート <br>~名作曲家たちの競演~

皆様へ
今回、藤井洋子さんと本多昌子さんと再び共演できますことを大変嬉しく思います。
シューマンとモーツァルトの名曲に対比して、私の新曲、カフカの変身による組曲を演奏します。この曲は、軽妙で劇のような風合いがある点で、ストラヴィンスキーの兵士の物語の孫といっても良いでしょう。この作品は、奇妙なロマン主義と現代風なテクスチャーの間を行き来しながら、カフカのグロテスクな精神の世界に入っていきます。音楽は、人間の奥深い内面をどこまで表現できるだろうか~たとえそれがカブトムシに変身していたとしても!!
クリストフ・エーレンフェルナー

2019年1月12日(土)
コンサートイベント

おんがくしつトリオ NEW YEAR CONCERT 「新年のおくりもの」

クラシック、ポップス…ジャンルを超えて、
親しみ深い名曲を懐かしのおんがくしつサウンドでお届けします。