2022年7月5日(火)

ベヒシュタイン倶楽部 日比谷コンサートシリーズ Vol.2開催に際して

ピアノを楽しむ皆様による「ベヒシュタイン倶楽部」というコンサート企画のVol.2です。

はじめに栗原麻樹講師のミニコンサートをお楽しみいただいた後は、コーヒータイムをはさみコンサート(公開レッスン)を開始いたします。それぞれの参加者の演奏後に栗原講師の講評とワンポイントレッスンがございます。

終了後は、聴講のお客様にもフルコンをお弾きいただける時間を1時間設けました。

コンサートにご参加されたい方とミニコンサートと聴講をご希望のお客様のお申込みをお待ちしております。

 

栗原麻樹 プロフィール

3歳より母の手ほどきによりピアノを始める。幼少の頃よりピティナピアノコンペティション、全日本学生音楽コンクールなど数多くのコンクールに上位入賞。

浜松国際ピアノアカデミーコンクールにて上位入賞併せてモストプロミッシングアーティスト賞を受賞。

大阪国際音楽コンクール第2位。フランスアルカッション国際ピアノコンクール第1位。フランスマイエンヌ国際ピアノコンクール第1位。15歳でフランス・パリに渡りパリコンセルヴァトワール(パリ国立高等音楽院)に満場一致の首席にて入学、その間、文化庁海外芸術家研修員となる。

パリエコールノルマル音楽院の最高課程を修了、スコラカントルム音楽院のコンサーティスト課程を満場一致の首席にて修了。

フランス市立地方音楽院でピアノ科の教鞭を2年間執り、12年間の留学生活を終え日本に帰国。
これまでにパリ日本文化会館(仏)などフランス、イギリス、スペインなど国内外の数多くのコンサートホールや、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、白寿ホール、日本演奏連盟主催による東京文化会館、銀座ヤマハホールでのリサイタルでは公益社団法人日本演奏連盟/増山美知子奨励ニューアーティストシリーズを授与され好評を博す。

これまでに深沢亮子、故中村紘子、藤井一興、中沖玲子、故ジェルメーヌ・ムニエ、ブルーノ・リグット、フセイン・セルメット、ジャン=マルク・ルイサダ、ガブリエル・タッキーノ各氏に師事。また3rdCD『舞踏への誘い』はタワーレコード渋谷店クラシックウィークリーランキング1位になり、時事ドットコムや、音楽雑誌レコード芸術、音楽現代などにも掲載され大きな反響を得る。                           

オフィシャルHP: https://maki-kurihara.com/                       

SNS関係:https://lit.link/makikurihara