September 2018
M T W T F S S
« Aug   Dec »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2018年9月29日(土)
コンサートイベント

内藤晃 小さな音語り 「言葉のない歌曲」 in しらべの蔵

2018年9月29日、内藤晃さんのソロコンサートの開催が決定しました!
「言葉のない歌曲」と銘打った新譜CD発売記念コンサートです。
メンデルスゾーンの無言歌集や、シューベルトやR.シュトラウスの歌曲の編曲ものでプログラミングした、ピアノによるリートのアルバムです。
併せて、築90年の土蔵に90歳のピアノによる特別な時間もお楽しみください。

2018年9月22日(土)
コンサートイベント

カンマームジークコンサート vol.10 by 本多昌子

2016年よりクリストフ・エーレンフェルナー氏とベートーヴェンのヴァイオリンソナタの全曲録音、演奏を初めて、今回で10曲完奏となりました。
この記念のコンサートに、世界的にも有名な憧れのチェリスト毛利伯郎氏にご出演いただき、トリオを演奏出来ますことも大変嬉しく思っております。
素晴らしい共演者に恵まれ、共に音楽を作り上げる過程で多くのことを学び、ますますベートーヴェンの音楽に心が引き込まれていった三年間でした。
楽聖ベートーヴェンの音楽を堪能していただけるひとときとなりますよう。
本多昌子

2018年9月21日(金)
コンサートイベント

ドビュッシー没後100年記念
連弾、2台の夕べ
秦はるひドビュッシーリサイタル

ドビュッシーの没後100年を記念した、秦はるひのオール・ドビュッシープログラムでのピアノリサイタルです。
ゲストには、フランス人ピアニストのイヴ・アンリ氏をお迎えし、
ドビュッシーの連弾曲や2台ピアノのレパートリーが堪能できる内容となっています。

2018年9月20日(木)
コンサートイベント

福田ひかり ピアノリサイタル

一貫してJ.S.バッハの鍵盤作品の研究・演奏に関わっている福田ひかり氏が地元岡山県津山市と東京の杉並公会堂でリサイタルを開催します。

2018年9月14日(金)
レッスンイベント

パリ国立高等音楽院イヴ・アンリ教授
レクチャー・リサイタル&公開レッスン

日本ピアノ教育連盟第26回全国大会に特別講師として招聘され、特別会員になり
大きな反響を呼んだパリ国立高等音楽院イヴ・アンリ教授をお招きしての特別講座です。

コンサートイベント

イヴ・アンリ教授レクチャーコンサート
ショパンからドビュッシーへ

~ショパンからドビュッシーへ~
ショパン、ドビュッシー、ラヴェルを中心とし、
互いに呼応し合う2つの響き(異名同音)D♭とC♯の2音で始まる作品を集めたプログラムとなっております。
加えて、イヴ・アンリ氏の自作曲〈ブルー・ノート〉も演奏されます。
ベヒシュタインの音色と非常にマッチした今回のラインナップに乞うご期待!!

2018年9月4日(火)
コンサートイベント

ルドルフ・マイスター&フレンズ スペシャルコンサート

世界的ピアニスト、そして指導者でもあるルドルフ・マイスター氏と日本の素晴らしい音楽家たちとの響演!
フランツ・シューベルトの珠玉の名曲に酔いしれる一夜

2018年9月1日(土)
レッスンイベント

ルドルフ・マイスター教授による公開講座&演奏会と修了演奏会

ヨーロッパのマスターコースのスタイルを魚沼市ではじめて20年。
ドイツ・マンハイム国立音楽芸術大学総長であるルドルフ・マイスター教授の濃密な音楽合宿の一環として、
マイスター教授による公開講座&演奏会が開催されます。ピアノ技術者加藤正人のお話し付きです♪
また、合宿最終日には修了演奏会が開催されます。こちらも是非!

2018年8月28日(火)
レッスンイベント

ルドルフ・マイスター教授 第22回ピアノ音楽合宿 2018

ヨーロッパのマスターコースのスタイルを魚沼市ではじめて20年。
ドイツ・マンハイム国立音楽芸術大学総長であるルドルフ・マイスター教授の濃密な音楽合宿をベヒシュタインとスタインウェイ2台のフルコンサートピアノと1200席の響きの豊かな大ホール、雪山に囲まれた大自然が一体になった地で開催します。

2018年8月24日(金)
コンサートイベント

ルドルフ・マイスター ピアノ レッスン&コンサート

加古川ウェルネスパーク創立20周年記念事業
ルドルフ・マイスター ピアノ レッスン&コンサート
ベヒシュタインの音色をお楽しみください!
ルドルフ・マイスター氏の録音作品は、BBCのミュージック・マガジン・アワード2018にノミネートされ、グラモフォンとイギリスの音楽雑誌BBCミュージック・マガジンの両方で「編集者のおすすめ」として選ばれました。そして、ドイツの音楽雑誌「フォノ・フォルム」では最高評価の5つ星を得ました。