November 2018
M T W T F S S
« Oct   Dec »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2018年11月5日(月)
レッスンイベント

ピアノ講師向けセミナー
バッハの楽譜を読み解く
~日本バッハコンクールに向けて~

楽譜の出版が一般的ではなかったバロック時代、作品の弾き手は演奏法に習熟した専門家に限られていたので、細かな演奏法は記譜されず、音符が並んでいるのみの無愛想な譜面が残されることになりました。これは、いわばカタカナのみで書かれた句読点無しの文章のようなもので、私たちは、ここに単語のまとまりや句読点を見出し、伝わる文章に変換しなければなりません。この講座ではバッハのよく知られた作品を中心に、いかに無愛想な譜面を解読していくか、そのヒントを探っていきます。

2018年11月4日(日)
レッスンイベント

クープラン生誕350年・ドビュッシー没後100年
近代フランス・ピアノ音楽とクラヴサンへの憧れ

このコンサートではフランソワ・クープランのクラヴサン曲とともに、ドビュッシー、ラヴェルがクラヴサンを意識して綴ったピアノ曲を味わいます。
また、ドビュッシーをクラヴサンで弾いてみる検証を通して、現代ピアノでいかにギャラントなクラヴサン的世界を創るか考えます。

レッスンイベント

モーツァルトへのレシピ
古典の風格を整えよう Vol.7

「古典の風格を整える」をテーマに開催してきた「モーツァルトへのレシピ」は毎回好評をいただいています。
これまではソナタ、幻想曲を題材として、様式美の世界と自在な表現の楽しさを学んでまいりました。
今回はハイドン、ベートーヴェンを含む古典派課題曲の公開レッスンを企画いたしました。
例年コンペティションの審査で気付かされる、古典派の誤った解釈や表現について、
指導者が学び直す機会となれば幸いです。
今井先生の深く幅広くユーモアを交えたレッスンを通して、新しい発見がありますように。
ご来場を心よりお待ちしております。

コンサートイベント

第2回 C.Bechstein Japan Concert〈秋〉菊地 裕介 ピアノリサイタル 『ドビュッシーが愛したベヒシュタインで綴る秋の光と風』

『C.Bechstein Japan Concert』は、Bechstein Berlin Concertの日本版として、作曲家の藤田崇文がプロデュースし、C.Bechstein Japanが主催するピアノコンサートです。
季節ごとにテーマを決め、この汐留からみなさんに音楽をお届けしていきます。

2018年10月4日(木)
レクチャー『ドビュッシーの知られざる世界』 (1時間) 16:30開演(16:00開場)
ドビュッシー没後100年記念 コンサート 19:00開演

【出演】 ピアノ:菊地 裕介 ナビゲーター:藤田 崇文

今回のオーケストラ曲は『牧神の午後への前奏曲』を、ピアノソロ版で皆さまへお届けいたします。
サロンでしか味わえない特別な空間で、ドビュッシーが愛したベヒシュタインで綴る秋の光と風をお楽しみください。

【全ドビュッシープログラム】
アラベスク第1番、雨の庭
ボヘミア舞曲、夢
亜麻色の髪の乙女、仮面
喜びの島
ベルガマスク組曲
(前奏曲/メヌエット/月の光/パスピエ)
牧神の午後への前奏曲(Borwick 編)
[オーケストラ曲からのピアノソロ版]


2018年9月29日(土)
コンサートイベント

内藤晃 小さな音語り 「言葉のない歌曲」 in しらべの蔵

2018年9月29日、内藤晃さんのソロコンサートの開催が決定しました!
「言葉のない歌曲」と銘打った新譜CD発売記念コンサートです。
メンデルスゾーンの無言歌集や、シューベルトやR.シュトラウスの歌曲の編曲ものでプログラミングした、ピアノによるリートのアルバムです。
併せて、築90年の土蔵に90歳のピアノによる特別な時間もお楽しみください。

2018年9月22日(土)
コンサートイベント

カンマームジークコンサート vol.10 by 本多昌子

2016年よりクリストフ・エーレンフェルナー氏とベートーヴェンのヴァイオリンソナタの全曲録音、演奏を初めて、今回で10曲完奏となりました。
この記念のコンサートに、世界的にも有名な憧れのチェリスト毛利伯郎氏にご出演いただき、トリオを演奏出来ますことも大変嬉しく思っております。
素晴らしい共演者に恵まれ、共に音楽を作り上げる過程で多くのことを学び、ますますベートーヴェンの音楽に心が引き込まれていった三年間でした。
楽聖ベートーヴェンの音楽を堪能していただけるひとときとなりますよう。
本多昌子

2018年9月21日(金)
コンサートイベント

ドビュッシー没後100年記念
連弾、2台の夕べ
秦はるひドビュッシーリサイタル

ドビュッシーの没後100年を記念した、秦はるひのオール・ドビュッシープログラムでのピアノリサイタルです。
ゲストには、フランス人ピアニストのイヴ・アンリ氏をお迎えし、
ドビュッシーの連弾曲や2台ピアノのレパートリーが堪能できる内容となっています。

2018年9月20日(木)
コンサートイベント

福田ひかり ピアノリサイタル

一貫してJ.S.バッハの鍵盤作品の研究・演奏に関わっている福田ひかり氏が地元岡山県津山市と東京の杉並公会堂でリサイタルを開催します。

2018年9月14日(金)
レッスンイベント

パリ国立高等音楽院イヴ・アンリ教授
レクチャー・リサイタル&公開レッスン

日本ピアノ教育連盟第26回全国大会に特別講師として招聘され、特別会員になり
大きな反響を呼んだパリ国立高等音楽院イヴ・アンリ教授をお招きしての特別講座です。

コンサートイベント

イヴ・アンリ教授レクチャーコンサート
ショパンからドビュッシーへ

~ショパンからドビュッシーへ~
ショパン、ドビュッシー、ラヴェルを中心とし、
互いに呼応し合う2つの響き(異名同音)D♭とC♯の2音で始まる作品を集めたプログラムとなっております。
加えて、イヴ・アンリ氏の自作曲〈ブルー・ノート〉も演奏されます。
ベヒシュタインの音色と非常にマッチした今回のラインナップに乞うご期待!!