ベヒシュタイン・シューレ

「C. Bechstein Klavierscule ベヒシュタイン・シューレ」 とは、ベヒシュタインというピアノの個性・設計のコンセプトを活かし、楽曲をより深く理解するための演奏法・上達法にまつわる概念の総称です。
ベヒシュタイン・ジャパンでは、ベヒシュタインの個性が音楽表現の可能性を引き出せるものと考え、多くの優れた演奏家や講師の方々のお力添えを賜りながら様々な音楽教育活動を展開しています。

単に技術面の向上に特化した音楽指導ではなく、生徒が自ら演奏の可能性を広げ 「自分の音色」を探求できるように、指導者が様々な音楽的提示をしながらピアノ演奏を学ぶことができる音楽教室です。

ベヒシュタイン・ジャパンでは、ベヒシュタイン・シューレの概念に基づき様々なコンサートやレッスン、セミナーを開催しています。

ベヒシュタイン・ジャパンでは、ベヒシュタイン・シューレの概念に基づき開催されたコンサート・セミナーの様子やレッスンレポート、また、コラムなどをまとめたニュースレター 「ベヒシュタインから見える風景」 を発行しています。