レッスンイベント

川口兄弟の迫力ある演奏だけでなく、今回はドイツピアノ製造マイスターの加藤正人を交えて、ベヒシュタインピアノの魅力を分かりやすくひも解いていきます。

イベント詳細

【プログラム】

 

第1ステージ 《オープニング》

ヴェルディ:歌劇『椿姫』より「乾杯の歌」(編曲:川口兄弟) [連弾]

オリジナル曲:キラキラToday [連弾]

 

第2ステージ 《クラシック音楽の歴史を探ってみよう!》

メンデルスゾーン:無言歌集より [ソロ:川口晃祐]

メンデルスゾーン:プレリュードとフーガOp.35より [ソロ:川口晃祐]

 

第3ステージ 《川口兄弟のピアノ新発見講座!? ピアノが何倍も楽しくなる!》

 

第4ステージ 《ピアノ連弾の真骨頂》

ラヴェル:歌曲「おもちゃのクリスマス」(編曲:川口兄弟) [連弾]

シューベルト:人生の嵐D.947 [連弾]

 

第5ステージ 《リストが愛した楽器”ベヒシュタイン”の魅力に迫る-ピアノマイスターとの対談-》

リスト:ラ・カンパネラ [ソロ:川口智輝]

リスト:ハンガリー狂詩曲第13番イ短調 [ソロ:川口智輝]

 

第6ステージ 《フィナーレ:ピアノ連弾の新境地》

ベートーヴェン:エリーゼのために(川口兄弟アレンジ超絶技巧版) [連弾]

モンティ:チャルダージュ(川口兄弟アレンジ超絶技巧版) [連弾]

モーツァルト:トルコ行進曲(川口兄弟アレンジ超絶技巧版) [連弾]

 

【プロフィール】

川口兄弟

川口晃祐(兄)と川口智輝(弟)からなる兄弟ピアノ・ユニット。

東京藝術大学大学院修士課程に在籍する2人は、ピアノソロ・ピアノ連弾・2台ピアノデュオの幅広いレパートリーを有し、本格的なクラシックコンサートから学校公演、数々のイベント出演など、全国各地で演奏活動を展開している。2013~2014年、パリ・エコール・ノルマル音楽院に留学。青柳晋氏、ジャン=マルク・ルイサダ氏らに師事。2012年、兄弟デュオに対して「青山音楽賞」を受賞。

作曲・編曲活動にも積極的で、オリジナル曲の作曲や教育機関への楽曲提供をはじめ、クラシック・ポップス・沖縄民謡など様々な楽曲の編曲も行なっている。これまでにCD/DVD「Various Piano Works Solo&Duo」(2012年)、DVD「Summer Live in Sapporo」(2012年)、CD「おくりもの」(2015年1月)をリリース。

 

川口晃祐 Kosuke Kawaguchi

1988年9月10日生まれ。弟の智輝との「兄弟デュオ」では、ファーストパートを担当する。

ピアノソロでの主なレパートリーは、ドビュッシーやラヴェルなどの近代フランス作品やモーツァルトなど。主な受賞歴として、「京都ピアノコンクール 金賞」、「長江杯国際音楽コンクール 第1位」、「日本クラシック音楽コンクール全国大会 第5位」、「京都芸術祭 毎日新聞社賞」、「摂津音楽祭 銀賞」、「フレッシュ横浜音楽コンクール 金賞」、「アジア国際音楽コンクール 第1位」などがある。国内外のオーケストラ(東京ニューシティ、日本センチュリー、チェルニーゴフフィルなど)との共演も数多い。

 

川口智輝 Tomoki Kawaguchi

1990年2月17日生まれ。兄の晃祐との「兄弟デュオ」では、セカンドパートを担当する。

ピアノソロでの主なレパートリーは、ベートーヴェン、リスト、ラフマニノフなど。主な受賞歴として、「全日本学生音楽コンクール大阪大会 第1位」、「京都ピアノコンクール 金賞」、「ピティナ・ピアノコンペティションF級 大阪大会 第1位」、「宝塚ベガ学生ピアノコンクール 第1位」、「吹田音楽コンクール 第1位」、「飯塚新人音楽コンクール 第2位」、「ルーマニア国際音楽コンクール 第2位」などがある。国内外のオーケストラ(東京ニューシティ、関西フィル、京響、ザグレブフィル、チェルニーゴフフィルなど)との共演も数多い。

開催日

2015年7月26日(日)

開催場所

汐留ベヒシュタイン・サロン

汐留ベヒシュタイン・サロン
〒105-0021 東京都港区東新橋2-18-2 グラディート汐留1F
料金
一般:3,000円
学生:2,000円