コンサートイベント

幼少時からイギリスで活躍し、エリザベス女王戴冠式にて演奏した名ピアニスト 赤木飛輪が、オールショパン・コンサートシリーズ 第1回に登場。

イベント詳細

 

I love Chopin

オールショパン・コンサートシリーズ 第1回

2016年 10月 14日 (金) 18:30 開場  19:00 開演

 

【Pianist】

赤木 飛輪 Hiwa Akagi

 

 

【Program】 ※演奏曲目、曲順は予告なしに変更することがあります。

華麗なる変奏曲 作品12

4つのマズルカ 作品33

幻想即興曲 作品66

3つのマズルカ 作品63

スケルツォ 第2番 作品31

・・・・intermission・・・・・

バラード 第1番 作品23

バラード 第3番 作品47

子守唄 作品57

幻想ポロネーズ 作品61

 

会場:汐留ベヒシュタイン・サロン

全席自由 3,000円 (当日券3,500円)

ベヒシュタイン・サロン会員の方は先着10名様まで半額となります。

直接メールでショパンセンターinfo@chopin-center.org に連絡し登録してください。

 

【お問い合わせ】

■ショパンセンター

info@chopin-center.org

 

【チケット】

e+(イープラス)

■ショパンセンター info@chopin-center.org

 

オールショパン・コンサートシリーズの情報は、 こちらでもご覧いただけます。

 

赤木 飛輪 Hiwa Akagi

5歳からピアノをはじめ、8歳で渡英。イギリスで11種類のコンクールで一位を獲得。ミルトンキーンズ音楽祭では、名誉の記念として「HIWA AKAGI」名が刻印されたトロフィーがその後受け継がれる。ASEANショパンコンクール第三位。ロンドンブレント音楽祭、ノースロンドンミュージックフェスティバル、ミルトンキ-ンズ音楽祭のコンクールで一位獲得。10才でイギリスでソロリサイタルデビューし、大成功を収める。
帰国後、桐朋女子高等学校音楽科に入学、桐朋学園大学へ進学。帰国後も、恩師故イリーナザリツカヤの監修のもと、ヒーホン(スペイン)コブレンツ(ドイツ)ゾイスターバーグ(オランダ)オローヌ(フランス)などで数多くの音楽祭に出演。また、引き続きイギリスでソロ活動やコーナーストーン饗、エストニアペルヌシンフォニアとの共演も多数。2002年クイーン・エリザベス戴冠50周年の記念コンサートでは、ソリストとして招かれ、コーナーストーン・フィルハーモニーと共演し、満員の聴衆に感動を与えたその時のCDがイギリスで販売されている。桐朋学園大学を卒業後、トーマス・ジェニング奨学金を得て、英国王立音楽院大学院に入学し更なる研修を積む。
帰国後はカザルスホール等で定期公演を開催。
”赤木の演奏には、’洗練’というものさえ超えた自然な佇まいさえ漂っていた” “アンテナの深いところで、作曲家が託したものに共感できる感性の持ち主。赤木の演奏のどこを切り取っても、そこには類い稀な鋭敏な感性が捕らえた表現しかながれていない。2007年12月号ムジカのーヴァ”など、音楽の友、ショパンなどの音楽雑誌でも高い評価を得ている。

 

開催日

2016年10月14日(金)

開催場所

汐留ベヒシュタイン・サロン

汐留ベヒシュタイン・サロン 〒105-0021 東京都港区東新橋2-18-2 グラディート汐留1F
料金
3,000円 (当日3,500円)
ベヒシュタイン・サロン会員の方は先着10名様まで半額となります。直接メールでショパンセンターinfo@chopin-center.org に連絡し登録してください。