感謝

2013年1月29日(火)

樫本大進&コンスタンチン・リフシッツのベートーベンのバイオリンソナタのコンサートがサントリーホールで本日開催された。

CB D on the stage of Suntory hall

リフシッツはバッハのフーガの技法をベヒシュタインで録音した事から、昨年の紀尾井ホールでの氏のコンサートにベヒシュタインを持ち込み使っていただいた。
そんな経緯もあり今回のバイオリンデュオでもベヒシュタインを使っていただく事になった。

Unterschrift von K. Lifschitz

しかし今日のアンサンブルは凄かった。
ベートーベンの交響曲を彷彿させる、色彩豊かで人間的な葛藤を感じる三次元の揺らめく抑揚がまだ耳に残っている。

ここのところコンサート対応が続いたが、感動することで心に力をもらうことができた。
音が紡ぎだす響きの芸術に感謝である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です