録音

2008年12月7日(日)

前回と同じような風景だが違う場所なのだ

Bechstein D

秩父ミューズパークは埼玉の奥地に忽然と存在していた。ここで録音したCDはいくつか知ってるが、訪れたのは初めて。

朝5時少し回った頃に家を出て、圏央道と関越を走りい、最後にドイツのブンデスシュトラーセのような道を走り、公園の山の上にホールはあった。
都心からアクセスしやすい雑踏とは縁のない空間の中での録音場所に選ばれるのは頷ける、が季節的にちと寒い…

Chichibu Muse Park

今回はメジャーレーベルの仕事で、tenorのCさんの録音。
Cさんは、所沢の松明堂音楽ホール、魚沼市の小出郷文化会館で、そして、清志郎さんの武道館復活ライブでもベヒシュタインの響きに出会われ、ご自分の録音の伴奏にベヒシュタインを指定して下さった。大変有り難い事です。
響きが野太い感じでないベヒシュタインは、声楽の伴奏にとてもいい感じに絡まり、楽しく録音を見守り、いい時間をご一緒させていただく事ができた。

ヴェルディーやプッチーニを始め、良く耳にするオペラのアリアが多く、CDなりお店に並ぶのが待ち遠しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です