薄化粧の響き

2009年1月8日(木)

モダンピアノのバッハは、ベヒシュタインの感じが実にいい。旋律が歌のように聞こえる。

昨日、いつも懇意にして下さる福田ひかりさんのバッハシリーズの〆のリサイタルが杉並公会堂で行われた。

打ち上げの席で、
「化粧をしてない感じのような響きが、いつも耳にするマッチョで厚化粧の音の感じと対照的だった」
とおっしゃったご友人がいらっしゃったが、何と的確な表現か。
初めてベヒシュタインをホールでお聴きになったといわれていたが、そういう潜在意識のないかたに言われると、新しいベヒシュタインに古くからのDNA健在なり!と嬉しくなる

Fukuda in Suginamikokaido

今度は古典とロマン飛び越し、印象派のコンサートか録音をやってほしいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です