Bechstein Bear がお出迎え

2022年6月12日(日)

ベヒシュタイン社創業の地、ベルリンの語源、そして市の紋章にも採用されている「クマ」。ベヒシュタインも通称「ベヒグマ」の名でキャラクター採用しています。いくつかバージョンがある中で、今日比谷のセントラム東京には2頭のクマがお出迎えしてくれます。

右側はAnja Bojeの作品でBuddy Bearの中の1頭です。「相棒のクマさん」という意味でしょうか。

https://shop.buddy-baer.com/shop/en/buddy-bear-miniatures/?p=1

白の着色前ものは6,000円ほどで購入できるようです。キーホルダーなんかは素材にもよりますが、目立ちそうです。個人的にも購入してみようかと。

左側はドイツの老舗磁器メーカーのKPM(ベルリン王立磁器製陶所)のもの(非売品)。

https://www.kpm-berlin.com/porzellan-shop/figuren

こちらも同じようなものは買えますね。(€239,00=約34,000円 けっこうなお値段します)

他に白い熊や茶色い熊などもショールームでお客さんをお出迎えしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。