イベントあれこれ

2020年8月16日(日)

 

昨晩は久しぶりにルイ・レーリンクさんのコンサートを聴きに行きました。ルーテル市ヶ谷。

ここのところの猛暑で18時半を過ぎても全く涼しくならず、汗だくで到着。J.S.Bachのシンフォニアから数曲弾いてもらったのがよかったです。自分でも弾いたことのある曲、こういうテンポでこういう装飾音をいれるのか、と考えながら聞いていた。ショパンのノクターンからグリーグのノクターンに続くのもよかった。日本の童謡などの編曲ものもこういう状況下で聞くといつもよりも感情の揺れが大きい気がする。

演奏は休憩を挟んで約100分、ステージはライトですごく暑いとのことでしたが、コンサート終わっても外はまだまだ暑かった。いつもは1回の公演も今回は人数に制限を設けて2回に分けて行ったと。さらに飲み物の今イベントは本当にいろいろなことに気を遣い大変だと思う。

 

今日は汐留サロンで4-5年前にやっていた「イキモノピアノ」というイベントを再開。「ピアノ」という楽器を古楽器(クラヴィコードとチェンバロ)との比較から改めて見直すという内容。構造などは説明できても古楽器の演奏はなかなか難しいので、録音を使ったりお客さんに弾いてもらったりして乗りきった。休憩をはさんで約90分で換気にも気をつけて行いました。マスクをして話し続けるのはなかなか厳しい。また次回企画を考えたいが、コロナがどうなるか本当に困ったことだ。それともう少し涼しくなってほしい。

オンラインでのコンサート、席の間隔を開けて来場者にもいろいろと条件を設けてのコンサート、いろいろと模索中でどれがベストなのかわからない。しかし数か月前の状況にはもう戻ることはないと考えていかないといけないことは確かだ。日本では年末恒例の第九演奏会は、確実になくなるだろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です